6/5(月)、6/6(火)博多座にて歌舞伎を鑑賞しました

本校で生徒対象の芸術鑑賞としては初の試みである、歌舞伎。しかも博多座で。一般のお客様もいらっしゃる中で、多少心配な面もありましたが、きちんとしたマナーで鑑賞していたようです。引率教員も、一般のお客様に生徒達の鑑賞態度を褒めていただきました。

イヤホンガイドが全員に配付され、多くの生徒が開演前や休憩中も耳につけて聞いており、より内容の把握がうまくいったのではないかと思います。帰校時の生徒の反応をみても、「思ったより内容がわかった。」「4つの演目のうち河内山は面白かった。」など、興味・関心を持った生徒も多数いました。

 

 

学校行事の1つとしての今回の経験ではありますが、少しでも生徒達の今後の人生にプラスになってくれたらと期待します。

来週(12日)には高校3年生が同スケジュールで同演目を鑑賞します。下級生とはまた違った、より深い鑑賞をしてくれることと思います。